亀頭増大で仮性包茎の治療する

最近では様々なタイプの仮性包茎の治療法が出てきており、各クリニックでも患者さんの要望に併せて色々な治療法ができるようになっています。

 

真性包茎やカントン包茎の方の場合は、包茎手術というと包皮をカットする手術がメインになってきますが、包皮が亀頭にかぶってはいるけど、むけば亀頭が見えるようになる仮性包茎の方の場合には、この包皮をカットするタイプの手術だけではなく、切らないタイプの手術を試すことも可能です。

 

例えば切らないタイプの仮性包茎の手術方法には、包皮の一番上の部分を亀頭のすぐ下のカリの部分に部分的に縫い付けるという方法があります。

 

包皮をカットしなくても良いですし、体に吸収される糸を使うことが多いので抜糸いらずで、そして手術の結果が気に入らなかった場合には元に戻すことができるというのも特徴的です。

 

他にも、包皮を陰茎の根本部分で縮めて接着剤でくっつけてしまう方法や、亀頭にシリコンなどを注入し亀頭を大きくして、包皮が覆わないようにするという方法などもあります。

 

これらの切らない包茎手術は、自力でむくことのできる仮性包茎の人が受けることのできる手術方法ですから、手術を検討されている方は、方法の候補として考えてみるというのも良いかもしれませんね。

 

また、年齢が高い、出血を伴う包茎手術は持病があるから難しいという方も、これらの切らない手術であれば可能になってくる場合もありますから、一度クリニックに相談をされてみると良いのではないでしょうか。