仮性包茎の水膨れはそのまま放置しても大丈夫?

仮性包茎の人が治そうとして、包皮をめくって亀頭が露出した状態をキープするというムキグセをつけていると、亀頭が水膨れを起こしてしまうことがあります。ムキグセをつけて亀頭の皮膚を強化する目的はありますが、水膨れを起こすまでになると、性器はおしっこをする場所でもありますから、そのままだとばい菌が入って化膿する事もあるので注意が必要です。

 

水膨れにまでなってしまったら、一旦、ムキグセをつける作業はお休みをして、包皮をいつものように戻して様子を見て、炎症が収まらない場合には、泌尿器科を受診して、抗生物質や塗り薬などをもらって治療をするようにしましょう。

 

ムケている人にとっては、亀頭は外に出ている事が常識なのかもしれませんが、仮性包茎や真性包茎の人にとっては、亀頭は常に包皮で保護されている場所ですから、デリケートで皮膚も弱いので刺激があるとトラブルは起きてしまいます。

 

また、勃起をして亀頭が露出はするけど皮が元に戻らなくなった、亀頭部分が赤黒くなって水膨れができてきたという場合には、仮性包茎ではなく、カントン包茎だという場合もあります。カントン包茎は、亀頭が出る包皮口が狭く、勃起などで大きくなった陰茎が窮屈な包皮口に圧迫されてしまっている状態ですから、そのまま放っておくと最悪壊死するなど危険な状態になりますから、すぐに医者に行くようにしましょう。

 

カントン包茎の場合や、亀頭が水膨れする事などによって膨張し、余計に包皮口が狭くなり、包皮を動かせなくなるような状態になる事もあるようです。症状が続くようであれば、そのまま放っておくのではなく、早めに泌尿器科に相談をする事が大切になってきます。