仮性包茎が原因で炎症?

悩める男性

真性包茎やカントン包茎、そして仮性包茎の方の中には、定期的に亀頭の部分が炎症を起こすという症状に悩まされているという方もおられるようです。亀頭部分の炎症は、亀頭の包皮炎などとも言われており、普段は包皮につつまれていてお肌が弱い状態である亀頭が、疲れやストレスで免疫が落ちる、ガンジダなどの菌が発生する事などの理由で炎症を起こすことがあるようです。完全に亀頭が包皮から顔を出している、いわゆるムケている人の場合は、常に亀頭は外の空気や下着などの摩擦にさらされており、包茎の人に比べると亀頭部分の皮膚が厚く丈夫になっています。ですから、免疫が落ちる、菌がつくなどの状態になっても炎症などのトラブルを起こすことが少ないという事情があるようです。仮性包茎の方は、この包皮炎によるトラブルだけではなく、包皮に包まれて亀頭の皮膚が弱いので、女性とのセックスの際にも毎回、亀頭から出血してしまう、痛くてセックスができないなどのトラブルで医師に相談される方もおられるようです。このようなトラブルを避けるために、仮性包茎の方の場合は、常に亀頭のムキ癖をつけて亀頭の皮膚を丈夫にすると言う方法や、医師から処方されたクリームを亀頭部分にぬって皮膚を厚くする方法などもあるようです。他にも、包茎手術を受けて常に亀頭にかぶっている包皮を取り除くという方法や、亀頭にシリコンなどを注入し、亀頭を大きくして包皮がかぶらないようにするという方法などもあるようです。