仮性包茎の治し方やトラブル回避法

仮性包茎の治し方

皮がダブついた仮性包茎

亀頭に包皮がかぶってしまっている包茎にも、いくつかのタイプがあり、包皮の重なり方、亀頭が露出するかどうか、痛みがあるかどうかで違いがあります。

 

勃起時に包皮をむけば亀頭は露出するけど、通常時は包皮がかぶっているという状態を「仮性包茎」と呼んでいます

 

これに対して、勃起をしても包皮がかぶったままで自分でむくことができない、場合によっては包皮の中で亀頭と陰茎が癒着をおこしている状態を「真性包茎」と言い、勃起をしても、包皮の口が狭くて亀頭が外に出ない状態は「カントン包茎」と呼ばれています。

 

真性包茎やカントン包茎の場合は、包皮炎や亀頭の成長が妨げられるなど問題が出てくる場合もあるので、泌尿器科などでも医療保険を使って治療をすることができます

 

成人男性の多くが仮性包茎というデータもあり、仮性包茎自体はとくに妊娠などには問題はないのですが、恥垢(ちこう)が溜まる、見た目があまりかっこよくないなどの理由で治したいと希望される方もおられるようです。

 

この治し方にはいくつかあり、自宅で包茎矯正器具などを使って徐々に治していく方法と、美容外科などの自由診療で包皮をカットする、もしくは亀頭増大や長茎術などの方法があります。

 

包皮をカットすることが多い真性包茎やカントン包茎とは違って、仮性包茎の治し方には、亀頭部分を大きくするなど、包皮をカットする以外のアプローチも考えられるので、医師と相談しながらご自身にマッチした方法を探す事が大切になってきます。

 

【包茎専門クリニック厳選3院】

日本人の7割が仮性包茎?!

頭を抱える男性

包皮が亀頭に少しかぶっている、むけば亀頭が露出するという仮性包茎である日本人の男性は7割もいるというデータがあります。

 

自分の周囲を見渡してみても、そんなに仮性包茎が多いように感じないんだけど…と思われる方も多いかもしれません。

 

しかし、なかなか「自分は包茎だ」とは友達にも言う事もないですし、お風呂の時などにちょっとだけ勃起させておく、直前に包皮をむいておくなどをしておけば仮性包茎だと周囲にバレませんよね。

 

公衆浴場などでは「見栄でむいている(見栄剥き)」人や、そもそも包茎の人は股間を隠して入浴しているなどの理由から、あまり周囲で仮性包茎の人を見かけないという環境になっているのかもしれませんね。

 

日本人は性の問題に対してあまりオープンではないですし、男同士はやはり性の問題は見栄を張ってしまうところがあるので、なかなか悩みを持っていても打ち明けにくいという事情もあるかもしれません。

 

性に関してオープンになれないというのは、日本人男性のペニスの価値観としてやっぱりむけていないと男らしくないと考えてしまうという傾向も関係しているのかもしれません。

 

ヨーロッパなどでは包茎も普通に許容されており、包茎手術は一般的ではありません。日本と同じく韓国では同じようにむけていないと恥ずかしいという傾向があるようです。

 

包茎手術は一般的で、アメリカでは包茎は衛生上良くないという考えが強く、子供の頃に包茎手術を親が受けさせてしまうという事もあるようです。仮性包茎が恥ずかしいと感じてしまうお国柄の特徴というのもあるのかもしれませんね。

仮性包茎の手術は健康保険は適用できる?

ドクター

美容外科や泌尿器科、メンズクリニックなどで受けることができる包茎手術は、包皮がすっかり亀頭を覆っている真性包茎や、包皮の口が小さくて亀頭が外に出ることができない状態のカントン包茎の場合は、包茎手術にも健康保険が適用されて自己負担金が少なくなることもあるようです。

 

健康保険というのは、その治療を行わないと健康に被害が出て生活が困難になるような症状の治療の場合に適用されるということが基本です。

 

例えば、歯科医の治療の場合にも、虫歯の治療の場合には保険が適用されるけれども、歯が黄ばんで汚い色だから全部差し歯に取り換えたいという、病気とは関係のない審美目的の治療の場合には健康保険が適用されませんよね。

 

仮性包茎の場合は、とくに包皮から亀頭が顔を出していなくても、生活に支障が出る事がない場合が多く、審美という面での治療とみなされる場合が多いので、健康保険が適用されずに自由診療、つまり自己負担で治療費を払うという事がほとんどのようです。

 

ごくまれに、皮膚炎などの症状が伴っている場合には、保険が適用される場合もあるようですから、仮性包茎の治療でクリニックや病院を訪れる際には、念のため保険証を持っていくようにしましょう。

 

仮性包茎の治療は多くのクリニックが自由診療でおこなっているため、クリニックのホームページでは目安となる手術の金額などが記載されている場合があります。

 

ホームページでは随分と安い金額だったのに、実際にクリニックに行ったら高い金額を提示された場合などは、すぐに契約書にサインをせずに、一旦持ちかえってから、他のクリニックと相見積りをとってみるなど比較をすることが大切です。

仮性包茎でトラブルに巻き込まれた【体験談】

都内サラリーマン男性

ずっと仮性包茎で悩んでいて、通信販売の包茎矯正器具を買ってみたり、輪ゴムやテープでムキグセをつけようと色々とチャレンジしていたんだけど、なかなか良い結果が出なかったんです。

 

広告で見かけたメンズクリニックに、普通の手術よりもかなり安い金額で包茎手術を受けられると書いてあったから、これなら自分の貯金で仮性包茎を治せる!と早速申込みをしてカウンセリングに行ったんだけど、ここでトラブルに遭ってしまった。

 

カウンセリングで言われた仮性包茎の手術の金額が、広告で出ていた金額と全然違っていて、とても払えるような金額じゃなかったから、考えさせてくれって断ったんだけど、医療ローンが使えるからと、カウンセラーがすごくしつこかったから、ついサインをしてしまったんですね。

 

家に帰ってから申込み書にサインをした事を大後悔して、国民生活センターに相談をしたら、クーリングオフっていう制度を使ったら消費者が一方的に契約を取り消すことができるって教えてもらって、なんとかこのトラブルは回避することができた。

 

国民生活センターで聞いたんだけど、男が恥ずかしいって感じるような内容のこういう包茎手術とかでは契約のトラブルが多い野だとか…。僕はその後、そんなに安くはないけど大手で信頼できる美容外科に申込みをして、包茎手術を受けたから、今はもう悩みから解消されてスッキリした気分

 

僕の場合もそうだけど、最初、こんな事を相談するの恥ずかしいなって感じて、そういう男の心理につけこんで悪い事をする人もいるから、みんなもこういうトラブルには気を付けた方がいいよ。【都内30代男性】

 

【包茎専門クリニック厳選3院】